• カリモク60Kチェア
  • カリモク60Kチェア
  • カリモク60Kチェア
  • カリモク60Kチェア
  • カリモク60Kチェア
  • カリモク60Kチェア
  • カリモク60Kチェア

カリモク60 Kチェアの魅力

カリモクが、日本人の為に製造した初めての自社製品『Kチェア』

カリモク60のアイコン的存在のKチェアは、実は『カリモク家具』が日本国内向けに生産を行った初めての自社製品です。
それまでは、主にアメリカへ輸出するための家具部品の製造を行っていましたが、そこで得たノウハウを集結させて 日本人のための日本人による家具として開発されました。当時のカタログでもコンパクトな3人掛けソファとして紹介されていたKチェアは、そのとおり非常にミニマルなデザインです。

ちょっぴりUSAテイスト香る、でも、何処をとっても非の打ち所のないスタンダードなシルエットで、 1962年に発表されてから、幾度となく生産中止に追いやられそうになりながらも、その普遍的な存在と 絶対的な支持を得続けて、今に至るまで生産が続けられています。



職人の手仕事が活きている

カリモク60のKチェアは、工業製品という形をとりながらも、その至る工程で熟練の手仕事が加わります。
例えば、素材の選別、木部の切削加工、木部への塗装、シートのボタンの埋め込み、ファブリックの鋲留めまでが、 それぞれの工程でのエキスパートによって進められます。

また、こうした職人さん達は、リーズナブルなカリモク60だけの製造ではなく、1脚のチェアが10万円以上するような高級ラインナップの製造も行っており、 この点も、カリモク60の家具が高いクオリティーである、一つの理由です。

カリモク60FACTORYの様子は、オフィシャルページからご覧戴けます。


Kチェアのディティールと快適性

絶妙な丸みを持ったアーム

Kチェアのアームは、大まかなシルエットを機械で切削した後、 絶妙なフォルムを職人の手仕事で成型します。そのためアームの丸みは、職人が直接触れて確かめているため、さわり心地はなめらかです。

ゆったりとラウンドした背もたれ

Kチェアの背もたれは、よく見るとゆったりとラウンドしていることに気づきます。 このラウンドが、シートに体を預けた時の背中への違和感を軽減し、くつろぎをお約束します。


いつまでも心地よく・・・カリモクの座面へのこだわり

快適な座り心地のひみつ

S字形をしたバネを連結棒でつなぎ、適度な弾力性と耐久性を備えた立体的な緩衝材を採用。カリモクでは、快適性を追求し、バネを山形に反らせる事で反発性・耐久性を向上させ、底付き感を軽減しています。

強靱な耐久性の裏付け

Kチェアは、60kgの重りを6万回落下させ、外観・内観の変化を測定するカリモク独自の厳しい耐久試験に合格。 発売当時のKチェアが今でも現役で使用される中、更なる耐久性を追い求めています。


さらに隅々まで・・・こだわった作りです

Kアームの塗装はなんと9工程を要します。

Kチェアの透き通るようなアームの塗装は、目地の処理から塗膜の形成、サンドペーパーでの下地処理、更なる塗装・・・と、合計9つの工程を経て完成します。きめ細かな艶感は、こうした見えない下地づくりがあって初めて生まれます。最終工程は特にその職人の腕が左右される非常に慎重な作業。熟練の職人が行います。全てを手作業で行っているのです。

ボタンもてづくり。もちろん一つづつ職人が絞ります。

Kチェア2シーターになると、1脚で24個も使うボタン。このボタンですら、職人が1つづつ制作します。そして座った際にボタンが回転して紐がねじれないように、コストの高い軸が回転式するタイプを採用。全てのボタンを、職人が1つづつ絞っていきます。
※画像のボタンは、ロビーチェアのソフトキャメル色のものです。



ゆったり座れるけれどコンパクト、Kチェアは設置場所に困らない

発売当初は3人掛けのソファとしてデザインされたカリモク60Kチェア。この半世紀の日本人の体型の変化で、現在は2人掛けのソファとして販売されています。しかしながら、もともと3人掛けの設計ということもあり、大人2人でもゆったりと寛ぐことができます。しかもサイズはとてもコンパクトで、横幅は畳1帖よりも50僂眈さいのです。万が一お部屋のスペースに余裕がなくても、座り心地のよいカリモク60Kチェアという選択肢があるのです。そして一人で持ち上げれられるほど軽量なので、模様替えが好きな方にもおすすめです。日本人体系に合った絶妙なサイジングのKチェアの人気の秘密です。


Kチェアを引き立てる4種類の色と素材

Kチェアには、4つのカラーバリエーションがあります。
スタンダードブラックは1962年にKチェアが誕生したときからある歴史の長いカラー。
その他は、カリモク60ブランドの誕生した2002年に新たに登場しました。

Kチェア スタンダードブラック
1シーター¥34,000/ 2シーター ¥53,000

Kチェアでは一番人気のあるカラー。どんなシュチエーションにも馴染み、お手入れも簡単です。

Kチェア モケットグリーン
1シーター¥40,000/ 2シーター ¥64,000

バスや電車に採用される強度が強いモケット生地を採用。肌触りは、ぬくもりがありワンランク上の快適さをお楽しみ戴けます。


Kチェア スタンダードアイボリー
1シーター¥40,000/ 2シーター ¥64,000

シルクの繊維を使ったプロテインレザーは、サラッと心地よい肌触り。アームカラーはKチェアでは唯一ブラウンカラーを採用。

Kチェア タープグリーン
1シーター¥37,000/ 2シーター ¥60,000

ビビットなグリーンの平織り生地を採用。北欧家具などとも相性が良く、ボタンも少ないためシンプルな印象です。



Kチェアのお届けについて

カリモク60優良店舗に選ばれたグリニッチなら、配送の梱包や、組み立て設置までが安心です!
グリニッチにて「カリモク 60」家具をオーダー頂いた際には、2種類の配送方法よりお選び頂けます。

最短納期でのお届け(配送料1万円以上無料)

greenicheの豊富なストックよりご注文後、すぐに配送手配を行います。組み立て設置はお客様にお願いする形となりますが、 組み立てはとても簡単です。詳しくは次の項目『Kチェアの組み立て方』をご覧下さい。

組み立て設置サービス付のお届け(サービス費用当店負担)

ご注文後、契約している配送業者と打ち合わせを行い、商品の発送手配を行います。お届けから組み立て、梱包材の撤去まで致しますが、お届けまでには、10日前後を頂いております。 また、ご対応が難しい地域もございます。



Kチェアの組み立て方

「カリモク 60」のKチェアは組み立て式です。組み立て式にすることで、人件費を削減することでよりコストを抑えています。しかしながら、誰でも組み立てができるようパーツ数は5点、プラスドライバーがあれば女性でも10〜20分程度で行える簡単な作業です。カリモク60Kチェアへの愛着が深まる作業ですので、是非トライしてみてください。※Kチェア2シーターに関しては、設置までを配送担当者が行う『組み立て設置便』もございます。


ロングライフデザイン『Kチェア』の安心サポート体制

カリモク60のKチェアなら、安心のサポートでいつまでもカリモク60のある暮らしをお楽しみ戴けます。例えば、パーツごとに購入ができるので、小さなお子様がおられるご家庭では、アームに傷がついてしまっても、お子様が成長されてからアームだけを交換できます。また、万が一通常のご使用方法で、家具が破損してしまった場合も、カリモク60の安心の3年サポートにより商品の修理や交換をさせて戴きます。

Kチェアはパーツごとの販売もしています

カリモク60の家具は、ロングライフデザインの名の下、いつまでもカリモク60の家具を楽しめる環境が整えられています。※パーツは通常生産ラインと別で製作致しますので、約1ヶ月の納期が必要です。

正規販売店グリニッチならではのメーカー3年保証付き

カリモク60の家具は、家具の不備が原因で破損した場合3年以内なら無償で修理、交換対応を致します。末永くご愛用頂くために、別途アフターサービス(有料)もご用意しています。正規販売店ならではの安心サポートです。



greenicheがおすすめする、Kチェアとの相性抜群の無垢カフェテーブル

食事をしたり、仕事をしたり、くつろいだり、おしゃべりしたり。その中で、そっと活躍しているテーブルは、暮らしの中で最も身近な家具のひとつです。ぬくもりのある木の素材にこだわることで、ライフスタイルはもっと豊かに出来るはず。私たちgreenicheが、このカフェテーブルを作りつづけている理由です。いつまでも変わらない普遍的な価値観に共感された、全てのカリモク60オーナーの方へ。