Borge Mogensen Model122 DiningChair 505D227

61,000 (税込 65,880 円)
デザイナー
Børge Mogensen
生産国
Denmark
数量
+ -
売り切れ
お問い合わせ
Q&A

商品価格2%分のポイント贈呈中

Borge Mogensen ボーエ・モーエンセン
Borge Mogensen ボーエ・モーエンセン
Borge Mogensen ボーエ・モーエンセン
Borge Mogensen ボーエ・モーエンセン

こちらの商品は、米子店にてご覧いただけます。

商品詳細

J39などで知られるBorge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)がヘッドデザイナーを勤めていたFDB Mobler(デンマーク共同連合会 家具部門)を退職し、1950年に新しく構えた個人事務所で制作されたダイニングチェア、Model122です。Soborg Mobler(ソボール・モブラー)社から1952年に販売されたシリーズの商品で、チェストやテーブル、ベッドに至るまですべてモーエンセンがデザインしており、統一感があるだけでなく価格も手ごろで壁面からダイニング、寝室まで全て1ヶ所のメーカー・お店で揃えることができるので非常に人気を博しました。

このチェアはモーエンセンがデンマーク家具デザインの父と呼ばれるコーア・クリントに師事を仰いだ際にクリントに教えられた「ベースとなる家具を見つけ、それをよりよいデザインとして完成させる」(=リ・デザイン)をする為のベースとして選んだ家具がアメリカのシェーカー教が造っていた簡素で機能的なデザインのシェーカー家具。その流れを汲んでおり、シンプルで直線的な部分が多く見て取れます。このシェーカー家具をデンマークの国内情勢に合わせてリ・デザインしたものがモーエンセンの代表作であるJ39です。このJ39により一躍有名なったモーエンセンですが、この頃は同い年で親友のハンス・J・ウェグナーはベースとなる家具をなかなか見つけられず、四苦八苦していたそうです。

このチェアの特徴は、この頃流行していた技術であるプライウッド(形成合板)を用いて制作されており、モーエンセンがベースとしたシェーカー家具の直線的なデザインとプライウッドの柔らかな曲線が絶妙にマッチしています。

生産国 Denmark
年代 1952年
デザイナー Børge Mogensen
プロダクト Søberg Møbelfabrik
サイズ

W480×D500×H790 SH430 (mm) 

素材 teak
備考
送料 Bランク(ヤマト・らくらく家財宅急便)
※設置込み
※詳しくは「お支払い・送料について」をご参照ください。