Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246 Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246 Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246 Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246 Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246 Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246 Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246 Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246 Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246
Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246 Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246 Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246 Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246 Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246 Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246
Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246 Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246 Hans J. Wegner The Chair JH501  D-811D246

Hans J. Wegner The Chair JH501 D-811D246

560,000 (税込 604,800 円)
生産国
Denmark
数量
+ -
注文ボタン
過去ビンテージご購入者のレビューを見る
お問い合わせ
Q&A

0120-165650 ( 11:00〜18:00 ※日曜除く )

このようなご相談もお気軽にどうぞ

  • サイズカットできますか?
  • ファブリックを変えることができますか?
  • 気になる箇所があるんですが撮影できますか?
  • 同じデザインで他の樹種はありますか?
  • 仕上げ方法が知りたい
  • リビングにお勧めの家具を紹介してください

北欧ビンテージ・アンティーク商品ご購入の前に必ずお読みください

全て、当社のレストア、リペア工房担当が1点1点丁寧にコンディションを確認しながら作業をおこなっておりますが、40年~70年以上前に製造、使用されてきた家具です。

ぐらつきや強度・引き出しの滑りチェックは製造当時の強度を出来るだけ再現するように施していますが、ビンテージの風合いを敢えて残すこともあります。
また、細かなキズ、ダメージ、リペア跡は全て表現できない場合がありますので予めご了承の上ご購入下さい。

品質には自信を持っておりますがあくまでもビンテージ家具(中古)です。
傷や風合い、歴史も含め、あなただけの家具として楽しんで頂けると嬉しく思います。

全てのキズや状態などを完全にご説明することは難しいので、上記のことをご理解頂いたうえでご購入下さい。

撮影時の状況やお客様のモニターによって若干異なって見える場合があります。

ハンス・J・ウェグナーの最高傑作とも言われる「The Chair」

ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー
  • ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

    ハンス・J・ウェグナーの最高傑作とも言われる「The Chair」

  • ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

    アメリカ大統領選のテレビ討論会で使用されたことで世界的に知られる事に

  • ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

    現在も生産され続けていますがビンテージは数も少なく非常に貴重です

  • ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

    所有した者にしか解らない贅沢な美しさ

  • ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

    アームから背もたれにかけての美しい流線形

  • ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

    アーム部分と背もたれを完璧に接合したフィンガージョイント

  • ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

    丈夫であり、疲れにくく、そして美しい

  • ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

    ラタンは5年前に新しく張替済み

  • ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

    どの角度から見ても美しいプロポーション

  • ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

    50年、100年先も色褪せない普遍的美しさ「The Chair」

The Chiarといえば、ハンス・J・ウェグナ―の椅子の中でも最高の作品と称される特別な椅子です。
1950年のコペンハーゲンの「DEN PERMANENTE」と言う展示会でヨハネス・ハンセンから発表されましたが、当時はあまりにシンプルすぎるデザインがアンデルセン童話の「みにくいアヒルの子」のようだと揶揄され、展示会では用意しておいた4脚すら売れませんでした。

  • 生産国・年代・メーカー

  • サイズ

  • 素材・備考

  • 送料

展示されている店舗

サイズを詳しくご案内

ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

スタッフがオススメする理由

ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

アメリカ大統領選のテレビ討論会で使用されたことで世界的に知られる事に

1950年に展示会で発表された10年後、The Chairは世界的に注目を集める事となります。
アメリカ大統領選の際、ジョン・F・ケネディとリチャード・ニクソンがThe Chairに腰掛け、テレビ討論会を行いました。
The Chairは自身を最も美しく見せてくれ、当時腰に悩みがあったケネディの背中をとても楽にサポートしました。
そしてその快適な座り心地に感心し、「これぞ椅子の中の椅子、特別な椅子」という意味を込めて「The chair!」と呼んだのです。
この歴史的な討論会を機に、「The Chair」という愛称で呼ばれるようになりました。

ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

現在も生産され続けていますがビンテージは数も少なく非常に貴重です

1950年に発表されてから半世紀以上も経つ現在生産され続けていますが ビンテージでは、手に入れる事が難しく大変貴重。
フレームはオーク無垢材を贅沢に使用しており、年月を経過して変化した色味はビンテージでしか感じることができません。

ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

所有した者にしか解らない贅沢な美しさ

所有することに喜びを与える椅子はあまり出会えるものではありません。
有名すぎるが故に見落としてしまう事もありますが、このThe Chairはそのデザイン、使い心地、素材の生かし方すべてから グリニッチがあるべき家具としての基本を教えてもらった作品の一つです。

ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

アームから背もたれにかけての美しい流線形

造りは非常に繊細で家具職人として技術をマスターし 家具デザイナーとなったウェグナーだからこそのなせる業。 現在でも当時のウェグナーの意志を忠実に従い 職人の手作業により1脚ずつ丁寧に作り上げられています。

ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

アーム部分と背もたれを完璧に接合したフィンガージョイント

アームと背を接合しているフィンガージョイントは他に類を見ない 美しさでこの椅子を語る上では重要な部分です。
発表当時はウェグナー自身が「みっともない」と籐で隠していたという 面白い話があったり、美しさだけではないところも人気の高い理由の一つ。
その後、フィンガージョイントの美しさが再認識され、 今ではこのチェアの最大の特徴となっています。

ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

丈夫であり、疲れにくく、そして美しい

見るだけで美しいものは美術品としての価値として存在しますが、 人類が座る上で、日常的に使っても丈夫であり、疲れにくく、そして美しく、椅子という道具としての機能もしっかりと備わっています。
ケネディが座り心地に感心したように、だからこそThe Chairは世界的に評価される椅子になったのではないでしょうか。

ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

ラタンは5年前に新しく張替済み

当店でアーカイブとして大切に保管していたこのThe Chair。
座面のラタンは5年前に張り替えていますが、通常使用していなかった為、非常にコンディションも良く、綺麗な飴色に変化しフレームと馴染んでいます。

ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

どの角度から見ても美しいプロポーション

数多くのウェグナーの作品の中で「最も完成度が高い」といわれる美しさ。
程よく湾曲した座面、脚のテーパーの付け方や角度、どの部分をとっても美しく目に映ります。

ビンテージ チェア オーク JH501 TheChair ハンスウェグナー

50年、100年先も色褪せない普遍的美しさ「The Chair」

50年、100年先も色褪せないThe Chairの普遍的「美しさ」は 所有した者にしか解らない贅沢な美しさであり、一度は味わうだけの価値がある作品です。
当店にて大切に保管していましたが、是非この機会にあなただけの特別なチェアとして迎え入れてはいかがでしょうか。

コンディションについて

細かな傷はありますが、大きく印象を損ねるような程度ではございません

当社のレストア、リペア工房担当が1点1点丁寧にコンディションを確認しながら作業をおこなっておりますが、40年~70年以上前に製造、使用されてきた家具です。
ぐらつきや強度・引き出しの滑りチェックは製造当時の強度を出来るだけ再現するように施していますが、ビンテージの風合いを敢えて残すこともあります。
また、細かなキズ、ダメージ、リペア跡は全て表現できない場合がありますので予めご了承の上ご購入下さい。品質には自信を持っておりますがあくまでもビンテージ家具(中古)です。
傷や風合い、歴史も含め、あなただけの家具として楽しんで頂けると嬉しく思います。
全てのキズや状態などを完全にご説明することは難しいので、上記のことをご理解頂いたうえでご購入下さい。
撮影時の状況やお客様のモニターによって若干異なって見える場合があります。

Hans J. Wegner (ハンス・ウェグナー)  1914〜2007年

デンマークのドイツ国境に近い職人の町・トゥナーに生まれ、14歳で家具職人の見習いとしてこの世界に足を踏み入れる。
17歳でに指物師の資格を取得。その後、国立産業研究所で木材についての専門的な研究を重ね、22歳(1936年)からはコペンハーゲン美術工芸学校でデザインの勉強をはじめる。この頃、ボーエ・モーエンセンと出会う。

卒業後の1940年から、アルネ・ヤコブセンとの共同プロジェクトで、オルフス市庁舎の家具のデザインを担当。

1943年に独立し、現在に至るまで500脚以上の椅子をデザイン。
国内外を問わず多くの展示会では数々の賞を受賞し、MoMA(ニューヨーク近代美術館)を始め、多くの公共機関にコレクションされている。

1984年 デンマークのクイーンよりナイトの称号を受ける。
1995年 ウェグナー美術館が故郷トゥナーにオープンする。

代表作に『Yチェア』『ザ・チェア』『チャイニーズチェア』などがある。

>> Hans J. Wegner (ハンス・ウェグナー)の商品一覧はこちら

PAGE TOP

全ての家具カテゴリーから探す