お気に入りのビンテージチェアだから、お気に入りのカラーに

グリニッチの北欧ビンテージチェア / ソファはファブリックが選べます

世界でたったひとつしかない、お気に入りの椅子に出会えたならファブリックを張り替えてみよう。 自分の思い通りに仕上げた椅子からは、さらなる愛着がわくに違いない。 greenicheではハリのあって丈夫、かつリーズナブルに張替が可能なスタンダードシリーズと、素材にこだわり抜いたハイグレードなファブリックをご用意しています。1点もののチェアの張替ですので是非、気軽に張り替えてインテリアをお楽しみ下さい。

(※ 張替えは当店でお買い上げいただきましたチェアのみ対応可能となっております)

greeniche スタンダードファブリック

Ribaco

染色方法として、糸の状態で染色をする「先染め」を採用しています。現在では生産性やコストを重視した「後染め」が主流ですが、織る前段階で色を入れることにより深みのある生地色に仕上げました。織りにもこだわり、あえて古い織機を使用することで手織りのような温かみのある風合いを表現しています。

また全ての工程を日本国内で行い、メイドインジャパンへの強いこだわりを持っています。ひとつひとつ丁寧な仕事によって紡ぎだされる生地は、どっしりとした重厚な手触りに。何年先も変わらず使い続けられるような安心感を与えてくれます。

NC素材:ウール30% / アクリル70%

しっかりとした厚手の、ハリのある平織り生地。元は劇場ホールなどの張地として製造されており、強い耐久性を誇ります。ウールとアクリルの混紡により、プレーンな張地でありながら高級感を感じられます。

  • NC 20
  • NC 32
  • NC 43
  • NC 44
  • NC 124
  • NC 125
  • NC 127
  • NC 159
  • NC 176

TRAD素材:ウール30% / アクリル70%

伝統・本格的という意味を持つTRAD。昔ながらのヘリンボーン柄ですが、その多くは柄が細かったり太かったりと、良い頃合いのものがなかなか見つからないことも。Ribacoの製品は、ひとつの柄が3僂斑度よい柄感で大きなソファからダイニングチェアまで品を選ばず使用していただけます。

  • TRAD 2002
  • TRAD 2003
  • TRAD 2012
  • TRAD 2014
  • TRAD 2015
20s TWENTYS HOME LINEN

特徴のひとつとして、表面に特殊な起毛加工が施してあります。通常の加工では毛玉が出来やすく生地が弱くなりがちですが、この起毛は天然繊維の持つ優しさと強度を損ないません。染色の後に起毛することで、より立体感が生まれシルキーで優しいルックスと柔らかな風合いを引き立たせています。

もう一つの特徴は、美しい発色です。この発色の良さの理由として、「水の違い」があげられます。イタリア北部の澄んだ水が生産工程の各セクションで使用されており、この水によってデザイン性の高い独特な色に染め上げることができます。

caleido素材:コットン63% / リネン37%

麻繊維は吸湿性があるため夏場ならサラリとした肌触りが心地よく、冬でもひんやり感は無いので1年を通して使用できます。また抗菌性があり、いつでも清潔に保てるところも魅力のひとつ。洗いざらしで味わい深い色合いの生地です。


  • caleido 1404(saffron)

  • caleido 1499(blue)

  • caleido 1551(viridian)

  • caleido 2934(charcoal)

  • caleido 3798(harb)

ORLY素材:コットン100%

とても繊細な繊維で、肌への引っ掛かりが少なく優しい素材です。 コットンは吸収性が高く、通気性に優れているため長時間座っていても張りつくような不快感がなく快適な座り心地です。しっかりと目の詰まった生地です。


  • ORLY 5170(khaki)

  • ORLY 5350(turqquoise)

modena素材:コットン100%

とても繊細な繊維で、肌への引っ掛かりが少なく優しい素材です。コットンは吸収性が高く、通気性に優れているため長時間座っていても張りつくような不快感がなく快適な座り心地です。キャンバスのようなきめ細かい織りが特徴です。


  • modena 7022(ash)

  • modena 7200(rainforest)

  • modena 7581(denim)

  • modena 7698(brick)

greeniche ハイグレードファブリック

Danish Art Weaving

デンマークで1949年に創業。良質のウールを探求し、ファブリックに生成するまでの過程を突き詰め、1950年〜70年代にはハンス・ウェグナーやフィンユール、アルネ・ヤコブセンといったデンマーク家具デザインの巨匠たちにも好んで取り入れられました。

デンマークを起源とする生地柄、品質、デザインなどの伝統を守りつつも、より現在の住環境にマッチするよう革新を続けています。世代を超えて伝わる信頼のクオリティーと手触りを是非お楽しみ下さい。

Uld Plain素材:ウーステッドウール74% / ポリエステル17% / コットン9%

ウーステッドウールは毛のかたまりから長い繊維を掻き出して糸を作るため、毛羽立ちにくく表面が綺麗で上質な生地を作る際に使用されます。

  • Uld Plain 13
  • Uld Plain 14
  • Uld Plain 16
  • Uld Plain 137

Urd stripe素材:ウーステッドウール74% / ポリエステル17% / コットン9%

上質な生地と相まった上品なストライプ柄は、とびきりの1脚に是非貼っていただきたい逸品です。

  • Urd stripe 3
  • Urd stripe 4
  • Urd stripe 6
  • Urd stripe 9
  • Urd stripe 37

boy素材:ニューウール100%

ウールを圧縮したフェルト生地です。フェルトは熱伝導が遅いため寒い冬は暖かく夏は涼しく肌触りも良く快適。難燃繊維で、耐摩耗性にすぐれた自然繊維です。お気に入りの椅子、ソファが可愛らしく生まれ変わります。

  • boy 7B
  • boy 41C
  • boy 43A

Lyo素材:ニューウール76% / ポリエステル16% / コットン8%

  • Lyo 100
  • Lyo 300
  • Lyo 600
Kvadrat

素晴らしい手触りと抗菌性を持ったウールで、尚且つ 高いピリング値と耐光性を実現している最高級のテキスタイルです。その品質の高さからフリッツハンセンなど多くの一流家具メーカーで張地として採用されており、ヨーロッパでのシェアNo1を誇っています。

近年では、「Dior」のクリエイティブ・ディレクターであるラフシモンズや、日本を代表するファッションブランド「mina perhonen」のデザイナー 皆川明などファッション業界の第一線で活躍する人物をデザイナーとして積極的に起用しており、インテリアファンのみならず、いま世界中で最も脚光をあびているブランドのひとつです。

Hallingdal65素材:ニューウール70% / レーヨン30%

家具デザイナーとしても活躍するNanna Ditzel(ナナ・ディッツェル)が手掛けたクヴァドラ社の伝統生地“Hallingdal(ハリンダル)”。ウール特有の温度調整や撥水性を備えながら、ビスコースを混紡することで滑らかな肌触りになっています。カラーは自然からインスパイアされることが多かったため、人工的な色は使用されておらず温もりのある配色になっています。

  • hallingdal65 130
  • hallingdal65 270
  • hallingdal65 390
  • hallingdal65 764
  • hallingdal65 960

Tambourine Hallingdal素材:ニューウール100%

Hallingdal65にミナぺルホネンの定番デザイン“Tambourine(タンバリン)”の刺繍を施した“Tambourine Hallingdal”。立体的な刺繍から紡ぎだされる柄は、そのふくらみや形に微妙な差が。人工的ではない、温かみが感じられる生地です。

  • Tambourine Hallingdal 108
  • Tambourine Hallingdal 278
  • Tambourine Hallingdal 398
  • Tambourine Hallingdal 458
  • Tambourine Hallingdal 728

Tonica2素材:ニューウール96% / ナイロン4%

落ち着いたカラーが多いため、ビンテージの深みある褐色とも相性が良い生地です。目が細かく、シャープなラインを出したいチェアにお勧めです。また、生地には若干のふくらみがあり、包み込むような優しい質感になっています。

  • Tonica2 171
  • Tonica2 182
  • Tonica2 383
  • Tonica2 732
  • Tonica2 763
  • Tonica2 962

Hero素材:ニューウール96% / ナイロン4%

近年活躍中の女性デザイナーPatricia Urquiola(パトリシア・ウルキオラ)がデザインしたテキスタイル「HERO」。織物ながら、滑らかで方向性のないフェルトのようにみえる仕上げが行われています。この製法により、色が美しく輝き、家具の形状をドレスアップするようなファブリックが実現しました。

  • Hero 381
  • Hero 541
  • Hero 751
  • Hero 931
  • Hero 941
minä perhonen

dop素材:コットン35% / ポリエステル65%

  • dop if1002
  • dop if1003
  • dop if1009
  • dop if1010
  • dop if1014
  • dop if1055
  • dop if1057
  • dop if1066
  • dop if1076
  • dop if1079

張替について

張替金額の目安ファブリックの種類や製品の仕様による張替金額の目安
横スクロールできます

施工内容 ファブリック張替(座面)
内部ウレタン材の交換
ファブリック張替(座面)
ウェビングテープ張替
ファブリック張替(座面)
座面取り外し不可のもの
ファブリック張替(座面+背面)
中材の交換
スタンダードファブリック 張替価格(税別) ¥ 4,800〜 ¥ 7,300〜 ¥ 11,500〜 ¥ 13,900〜
ハイグレードファブリック 張替価格(税別) ¥ 7,100〜 ¥ 9,600〜 ¥ 13,800〜 ¥ 15,200〜
納期の目安 2〜3週間 2〜3週間 1ヶ月 1ヶ月

※ Typeについてはカテゴリページのアイコンにてご確認ください。
※ 代官山店展示中の商品は、東京〜鳥取間の家具配送料が必要となりますので別途お見積もりさせて頂きます

ご注文方法とお届けまでの流れについて

ビンテージチェア・ソファのファブリック交換をご希望の場合は、ご注文の際のオーダーフォーム内にあります"注文備考欄"にお気に入りの生地名を記入してください。 ご注文の翌営業日には、正確な金額や納期をご連絡させて頂きます。



張替料金について

ファブリックの張り替え金額は生地代に加え、材料代と工賃が含まれます。そのため、作業内容によって価格が変動する場合がございます。
お見積もりにつきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。



お問い合わせはこちら

PAGE TOP

全ての家具カテゴリーから探す