Life Place
心を満たす居場所

北欧デンマーク編 Episode1

トーマス・ビルさんのLife Place、訪ねました


「心を満たす居場所」を、グリニッチでは「Life Place」と呼んでいます。心を満たす居場所は人それぞれ、違うもの。
すてきなあの人は、いったいどのようにして、居場所を作っているのだろう?今回、北欧デンマークで暮らすヒュッゲナーの「Life Place」を訪ね、居心地が良く、心を満たす空間づくりのヒントをたくさん、いただきます。

自己紹介をお願いできますか?

北ユトランド出身で、18年前にコペンハーゲン移住。現在シングルでアパートに一人暮らし。Novo Nordisk Fondenという財団でグラフィックデザイナーとして勤めています。 Webデザイン、ビジュアルアイデンティティ、印刷媒体など、グラフィックに関する仕事を幅広く手掛けています。以前は5年間フリーランスフォトグラファーとして活動経験も。日本には過去に2回訪れたことがあり、また行きたいなぁと思っています。

家の中で何をする時間が増えましたか?

コロナの影響で、家で仕事をするという時間がすごく増えました。以前からフレックスタイムで、必要性があれば、家で働ける職場環境ではあったんですけど、やはり強制的にもっと自粛しなければいけないってことで、働く時間が増えて、日常生活に大きな変化を感じています。かなりコンパクトなアパートなので、オフィススペースまでは設けられないので、どうしても、一つ大きなダイニングテーブルが作業テーブルにもなり、その一つの場所で食事や作業しなきゃいけないっていうのに、慣れるまでに時間がかかりました。今、所属している職場がすごく大きなオープンオフィスの環境ですので、たくさんの人が同じ空間にいるって言うのに慣れていたっていうのもあって、リモートワークっていうのはすごくそれに比べるとすごい差があって、最初のうちは戸惑いました。

今住んでいる場所の好きな所や気に入っている要素を教えてください。

自分の住まいについて自慢するようで答えるのが難しいけど、一つ言えるとしたら昔からの夢やアイディアが実現出来ていると思うので、その点は満足しています。

昔からの夢やアイデアが実現できているっていう事ですが、
具体的にどういうことがありますか?

一年半前に現在の住まいに引っ越してきました。それまで住んでいたアパートは、キッチンとダイニングは分かれていました。ちょっと余談ですが、友達と定期的にお料理を一緒にする「フードクラブ」というグループを作っていまして、いろんなお家へ行って、みんなでお料理してご飯を食べるっていうようなコミュニティを作りましたが、以前のアパートではどうしてもキッチンに立つ人は、その間は会話に混ざれなかったりっていうのが残念だなと思っていて、次に引っ越す場所は、キッチンがオープンで、全員が一緒に集まっている間もずっと一緒に時間を過ごせる空間があるといいなと思い、このアパートにしました。

キッチンの照明がとてもユニークですね。お気に入りの照明はありますか?

照明はすごく大事だと思います。機能性としても大事だと思うのと、それ以外に僕自身「ランプフェティッシュ」でして(笑)、見た目もかっこいいランプに惹かれます。特にフランスやデンマークの照明を好んで揃えたりしています。後ろに写ってる照明は、実は伝統的なデンマークのワーキングデスクランプで、作業テーブル用で市販されているものなんです。本来はテーブルにくっつけて作業の手元を明るくするためのランプを、天井に逆さにつけてみると、作業用なのでキッチンにすごく効果的な光が放つので、すごく機能的だなと思って逆さにしてみました。デンマークは日照時間が短いというのもありますし、人を家に招くっていう習慣があるので、人を家に招いた時にすごい温かみのある家、人は光のまわりに集まるような習慣というか、自然とそういうことを意識してるのかなって思います。もちろん、照明以外にろうそくもいっぱい使います。

例えばフランスの照明であれば、ジェルデとかセルジュムーユなど、
世界的に知名度の高いものもありますが、そういうモノにこだわりがあるのか、
それとも使い方のアイデアで光というものを遊んでいるのでしょうか?

ジェルデは作業用ランプなので、デザイナーランプっていうわけではなく、作業用に作られた定番ランプを何年か前に購入して、ベッドサイドランプとしてランプのグラを使っています。アイデアだけでなく、モノへのこだわりもありますね。照明に興味を持って沢山集めたってわけではないですけど、ジェルデの場合は、見た目がちょっとアイコニックで、アイテムとして置いときたいという感じで選んだんですけど、何年か経って、今では機能性も求めていて、これから買うものは両方ですね(笑)。年を重ねるごとに興味の持つ所はちょっと変わってきましたね。

家自体というものの存在をどう捉えていますか?

自分にとって家というのは、自分のパーソナリティを反映している場所であって欲しいと思っています。例えば、家の中のインテリアを褒めてもらうと、まるで自分の事を言ってもらってるような気もしますし、自信につながると思っています。私が生まれ育った家では両親がすごく綺麗に片付ける事を習慣にしていた家族だったので、綺麗で見た目にも整った家いうのは、その両親の性格が出ているなって。自分の性格が家に現れるんだっていうのを若いうちから意識してたと思います。それであれば、ポジティブな一面を家に現れるようにして、人が来た時に自分の良いところを見てもらいたいっていう風に考えるようになりました。そこに住んでる人の性格というのは、家に現れると思ってますし、それを逆に活かして、自分を見てもらいたいと思っています。

DIYとかIKEAハックとかすごく得意みたいですね。

オープンキッチンのシステムは、全部IKEA。天板だけオーダーメイドで作りました。予算の中でできるだけ自分の特色を出すようなキッチンや、小さな自分なりの工夫を加えて、より自分の住んでる空間にあったものっていうのを作るのがすごく好きです。お金の使い方として、すごく細かなディテールだったり、一番効果的なところを選んで、そこに力を入れるとそれだけで結構かっこいいとか、何か他で見たことない代物になると思います。遊び感覚でやることで、いろんな発見をしたり、自分なりにも応用できないかなって思うことがすごく面白い。例えば引っ越しは、新たなプロジェクトのきっかけという風に思っています。

居心地だけじゃなくて、インスピレーションや刺激も求めてるわけですね。

コペンハーゲンに約18年住んでいるんですけど、これまでに計10回、引越しました。引っ越しをするたびに、新しい可能性が見える場所っていうの選んで引っ越しをしてるので、その都度、いろいろ新しい発見とアイデアが湧いてきて、すぐ試したくなるような感じなんです。結果的に結構お金を使ってしまったりと、アイデアがいっぱい溢れてるのも問題はあるんですけども(笑)

家を変える時に求めるものを二つ挙げてくださいって言われたら、
何と何になりますか?

実はこの今のアパートからも近いうちに引っ越す計画です。次は階数の高いアパート5階建てのアパートを考えています。やはり、上層階は自然光がいっぱい入るので、日差しが気持ちいいことは1つ目の条件として探していました。もう一つはただの四角い部屋がいっぱいあるよりは、ちょっとエッジの効いたというか、ちょっと斜めの壁があるとか、個性的な物件を探していました。以前は外から見た庭も気にしていたんですけども、今回は中に入って驚きがあるような部屋を選べました。次の引越し先は、隣に大きな公園もありまして、そちらに5階ということで外にベランダに出て、朝のコーヒーを飲むのを楽しみにしています。病気を患った経験から、本当に自分にとって大事なものは何かなっていうのを考えた時に美味しいコーヒーをちゃんと時間を取って、ゆっくり飲むことにこだわりたいなって思うようになったので、今後はそんな暮らしにちょっと注目してみたいと思っています。

最後に、暮らしをより良くする(ヒュッゲ)アイディアは?

いろんな色とマテリアルをミックスすることはおすすめです。既製品が並んだり、あまりにも統一感がありすぎるのは避けたほうが面白いと思っています。ヒュッゲな空間に仕上げるには、木材は温かみが出るので内装によく使います。でも「ヒュッゲ」はとても主観的だと思うので、何をヒュッゲと感じるかは人それぞれ違うと思います。個人的にはそこに住んでいる人の個性が反映されている住まいは、 "ヒュッゲリー"だなと感じます。有名な雑誌の1ぺージをただただコピーしたような空間には、ヒュッゲを感じません。やはり「自分らしさ」が大切だと思っています。次にやってみたいDIYプロジェクトは古いオーク材を使って壁を作りたいと思っています。アメリカの60年代/70年代のMad Menっぽい感じにしてみようかな(笑)。そこにちょっと珍しいランプとかを飾ってみたり。まだ妄想でしかないけど、結構いい感じになるのではと思っています。

  • PAGE TOP

    全ての家具カテゴリーから探す