職場でなく家で仕事をすることが当たり前になっても、
日常生活と仕事がひと続きの空間のなかで、
「ON」と「OFF」をうまく切り替えるのはなかなか難しいもの。

でも、インテリアのちょっとした工夫を取り入れると、
仕事環境を整えながら、暮らしも充実させることができるはず。

職場ではなく『ホームオフィス』だからこそ、
すぐに実践できて、自分らしく仕事と暮らしを楽しめるアイディアを
在宅勤務のグリニッチスタッフの1日の様子とともにご紹介します。

Ideas for “SOHO”

ホームオフィスを楽しむアイディア

仕事モードを「ON」にするためのルーティーン

デスクに飾るお花の水を取り替えたり、BGMの選曲をしながら、デスク周りを整えます。
仕事前のルーティーンをしているうちに、自然と仕事モードが「ON」に。

ロールスクリーンやパーテーションを使って、余計なものを視界に入れず、集中できる工夫を。

気持ちをリフレッシュさせるランチタイム

晴れた日には、持ち運びしやすい大きさのカフェテーブルをベランダに出して、
太陽の光を浴びて外の空気を吸いながらのランチでリフレッシュ。

テイクアウトやデリバリーのランチでちょっと手抜きをしても、
お気に入りの器に盛りつけて食べると、とても満たされた気持ちに。

ひと手間かけて味わう、一杯のコーヒー

外も薄暗くなり始め、そろそろ仕事も終わりが近づく頃、
ぼんやりしてきた頭を覚ますために、ひと手間かけた一杯を。

コーヒーメーカーやテイクアウトに頼るのもいいけれど、
お気に入りのコーヒー豆を挽いて、ハンドドリップするとさらに格別。
いい香りが鼻をくすぐり、あと少し頑張れそうな気持ちになれます。

Column

北欧から学んだ働き方と豊かな暮らしの関係。
建築家/デザイナー牧さんの場合

『自宅で働く人』様々な働き方が増えている昨今。自宅を職場とし、
「暮らし」と「仕事」が共に充実している人を紹介していくシリーズ。

学生時代をフィンランドとスウェーデンで過ごし、スウェーデンの
設計事務所で働いた経験もある牧さんのご自宅にお邪魔しました。

eläväniのコラムを読む

Coordinates for “SOHO”

コンパクトな部屋でも実現できる
ホームオフィスのためのコーディネート

仕事のための専用の部屋を持てなくても、
ちょっとした工夫で、ゆるやかに空間を分けて、
仕事と暮らしの両方を楽しむことができます。

省スペースながら適度な収納力も兼ね備えた
おすすめのコーディネートをご紹介します。

Subsc niche

月額払いサービス

Category

PAGE TOP

全ての家具カテゴリーから探す