北欧のものづくりと心地よい暮らし展
〜デンマーク人の暮らしを変えた巨匠 ボーエ・モーエンセン〜



北欧の人々の豊かな暮らしには、こだわりのものと過ごすことも欠かせない要素のひとつ。
親しみやすくて長く使えるものと付き合うことで、愛着も深まり、暮らしになくてはならない存在となっていきます。
なぜ使いやすいのか、なぜ長く使えるのか、そこにはものづくりにおける作り手の大切な想いが込められています。

北欧を代表するデンマーク人デザイナー、ボーエ・モーエンセンが生み出した名作家具達も同様に、
多くの人に親しまれ、多くの人を幸せにしてきました。
自宅が実験室であり、家族が実験台ともなっていたという逸話も残るほど、ストイックに家具づくりと向き合った彼は、
徹底的に使う人のことを考え、どん欲に家具開発の研究を続けました。その姿は、北欧のものづくりの象徴とも言えます。

今、家での過ごし方について考える時間も多くなる中、
北欧のものづくりからも暮らしを豊かにするヒントを学ぶことができます。
そんなヒントともなる彼の作品を、希少なデザインや資料も含め学び、体験することのできる企画展を、
10月17日(土)から25日(日)まで、グリニッチ代官山店にて特別開催します。

STORY of Børge Mogensen

ボーエ・モーエンセンと人間工学にもとづいたものづくり

ボーエ・モーエンセン展,Borge Mogensen,北欧ビンテージ,北欧インテリア

ボーエ・モーエンセン展,Borge Mogensen,北欧ビンテージ,北欧インテリア

ボーエ・モーエンセン展,Borge Mogensen,北欧ビンテージ,北欧インテリア

ボーエ・モーエンセン展,Borge Mogensen,北欧ビンテージ,北欧インテリア

ボーエ・モーエンセンは、「家具は人を幸せにする」という信念のもと、家具のデザイン、製作に励みました。

“デンマーク家具の父”と呼ばれ、彼の師となるコーア・クリントとデンマーク王立芸術アカデミーで出会ったボーエ・モーエンセンは、
その教えに倣い、人間工学に基づいた数多くの家具を世に生み出しています。

シンプルで堅実。彼の作品をよく象徴する言葉ですが、ただ家具をかたちにするだけではなく、
人間の使い勝手を追究する中で生み出された、まさに「機能美」が彼のデザインの真骨頂とも言えます。

また、世にあるデザインをさらに最適化する「リ・デザイン」の考え方も、彼の才能を開花させる一因となりました。
今回の企画展では、デンマーク家具の礎ともなった、ボーエ・モーエンセンデザインの希少なビンテージチェア(非売品)の特別展示を行います。

また、モーエンセンデザインの真髄が表れている、「収納家具」についてもスポットをあてます。
モーエンセンは、人間の体格など身体的な特徴はもちろんのこと、普段の生活で使うもの(食器、カトラリー、洋服など)のサイズまでも
徹底的に調査、分析し、そこから実用性の高い家具のデザインを導き出しました。
シリーズ化された収納家具は、世界的に見てもシステム収納の先駆けともいえ、多くのデンマークの家庭に浸透しました。
そんな作品も四半世紀前の貴重な資料とともにご紹介します。

STORY of Børge Mogensen

歴史と辿る、ボーエ・モーエンセンの作品たち

ボーエ・モーエンセン展,Borge Mogensen,北欧ビンテージ,北欧インテリア

ボーエ・モーエンセン展,Borge Mogensen,北欧ビンテージ,北欧インテリア

ボーエ・モーエンセン展,Borge Mogensen,北欧ビンテージ,北欧インテリア

ボーエ・モーエンセン展,Borge Mogensen,北欧ビンテージ,北欧インテリア

ボーエ・モーエンセン展,Borge Mogensen,北欧ビンテージ,北欧インテリア

ボーエ・モーエンセン展,Borge Mogensen,北欧ビンテージ,北欧インテリア

若くしてFDBモブラーの初代企画デザイン担当責任者に抜擢されたことが、彼のデザイナーとしての大きな一歩となりました。

「丈夫で 美しく 機能的で 手軽な価格」という、
FDBモブラーが掲げる当時としては過酷と言われた条件のもとに身を置き、新しいプロダクトを生み出し続けたことは、
彼にとってだけでなく、デンマークの人々の暮らしにとってもとても大きな成長をもたらすこととなりました。

彼がFDBモブラーで遺した希少な初期の作品から、後に数々の新しいアイデアをかたちにしていった名作家具に至るまで、
その開発にまつわるエピソードや、知られざる秘話を当時のデンマークの世相も交えてご紹介します。

そしてその作品たちとともに、これまであまり語られることのなかったボーエ・モーエンセンの素顔にも迫ります。

Exhibit Highlights

触れて、感じて、北欧デンマークの暮らしを体験

ボーエ・モーエンセン展,Borge Mogensen,北欧ビンテージ,北欧インテリア

ボーエ・モーエンセン展,Borge Mogensen,北欧ビンテージ,北欧インテリア

ボーエ・モーエンセン展,Borge Mogensen,北欧ビンテージ,北欧インテリア

ボーエ・モーエンセン展,Borge Mogensen,北欧ビンテージ,北欧インテリア

今回の企画展では「体験」も大きなテーマ。
各特別展示も撮影自由、非売品チェアについても着席自由ですので、ぜひ実際に座ってお楽しみください。
よく似ているけど違う、現行家具とオリジナルモデルの比較などもおすすめの楽しみ方のひとつです。
企画展の最後にはゆったりとした時間を過ごしていただけるブースも設けています。

DESIGNED by Børge Mogensen

ビンテージ家具も多数展示販売中

日本の市場でも年々注目度の高まっているボーエ・モーエンセンのビンテージ家具。
実際にお買い求めいただくことのできるビンテージ家具も多数ご用意致しました。
人気のライティングビューローの他、デスク、テーブル、ソファなど、企画展に合わせて一挙に並びます!

DESIGNED by Børge Mogensen

続々と復活を遂げるデザイン

ここ数年、FDBモブラー、カール・ハンセン&サン、フレデリシアなど、
ボーエ・モーエンセンとゆかりのあるメーカーより、廃番となっていたデザインが続々と復活を遂げています。

グリニッチが日本総代理店を務めているFDBモブラーからも、
ボーエ・モーエンセンがFDBモブラーの初代企画デザイン責任者として最後に手掛けた「J45」が現行品として復刻しました。
のちに、カールハンセン&サンから背のデザインはそのままに、「コントゥールチェア」として発売されたことでもお馴染みのアイテム。
北欧家具デザイン界の巨匠として、ボーエ・モーエンセンの家具は今なお生き続けています。

Column

もっと知りたい、北欧デザイナー
【ボーエ・モーエンセン編】

グリニッチとも深い繋がりのあるデザイナー、ボーエ・モーエンセン。
彼を語るうえで欠かせない8つのエピソードとともに、
まだ知られていない彼の素顔や功績、魅力をお伝えしていきます。

代官山スタッフブログを読む

Event Information

北欧のものづくりと心地よい暮らし展
〜デンマーク人の暮らしを変えた巨匠 ボーエ・モーエンセン〜

■ 日程:2020年10月17日(土) 〜 10月25日(日)
(※期間中の毎週水曜日は定休日となります)
■ 時間:11:00〜19:00
■ 場所:グリニッチ代官山 / 東京都渋谷区猿楽町29-10 HILLSIDE TERRACE代官山C棟

■ 備考:
来店のご予約は不要です。開催期間中はいつでもご覧いただけます。
(※店内の混雑を避けるため、一定数を超えた場合には入店人数制限をさせていただく場合もございます。)
非売品を除き、展示商品については店頭にてご購入いただけます。詳しくはスタッフまでお尋ねください。
(※モーエンセンデザインのビンテージ家具については、展示期間終了後のお届けとさせていただきます。)

■ 来場者特典:
<無料配布> イベント記念クリアファイル / オリジナルリーフレット
<会員特別価格> Borge Mogensen 「DESIGN FOR LIFE」 日本語字幕 DVD

メールでのお問い合わせ

お急ぎのかたはお電話でお問い合わせください。
グリニッチ代官山店 / Tel. 03-6416-5650

Subsc niche

月額払いサービス

PAGE TOP

全ての家具カテゴリーから探す